THE BATMAN考

ゴッサム・シティを守ったのは誰か。それは友人でもあり一介の法執行官であるゴードン警部である。復讐者リドラーブルース・ウェインを分けるものは何か。それは他者という概念を教えたキャットウーマンである。

もちろん映画の主人公はバットマンである。しかし、作品中の彼の役どころは狂言回しというに尽きる。リドラーに操られるまま各地に出向いて「悪事を暴く」も誰も救えない。ファルコーネには「お前の親父を殺したのは俺の商売敵だ」と言われてあっさり信じ込む。冒頭バットマンはジョーカー柄の化粧をしたゴロツキを追い払うが、助けたはずの東洋人には「近づくな」と拒絶される。父を殺したゴロツキ――ゴッサムシティに潜む悪を懲らしめる復讐者がブルース・ウェインが語るバットマンの定義だ。 もっとも、他人から見れば評価は違う。冒頭のゴロツキにとって、ゴードン警部以外の警官にとって、あるいは違法ドラッグを扱う地下バーの用心棒にとって、バットマンは仮装したフリークス(変人)だ。ゴードン警部の知り合いだから現場に入れてやっているんだありがたく思えと言わんばかりの警官も、ブルース・ウェインが相手にとなれば「どうぞお入りください」となる。バットマンに殴りかかろうとする用心棒もブルース・ウェインが相手となれば丁重に扱いボスに取り次ぎを入れる。

そんなバットマンが曲りなりにも活動していられるのはゴードン警部のおかげだ。作中のラストでリドラーは少なければ少ないほど貴重なもの=友人を手に入れる。もっとも、これは「友人」とカッコを付けた方がいいだろう。リドラーバットマンは重ねあわされているため、リドラーに「友人」がいるのであればバットマンにも友人がいるはずである。 ファルコーネを殺そうとするキャットウーマンに対しその道を渡ってしまってはリドラーと同じになると説教するバットマンは作中2度、道を踏み外しそうになる。一度目は自身の正体がバレそうになってキレた時、二度目は心を寄せるキャットウーマンが殺されそうになった時。どちらも彼を止めるのはゴードン警部だ。この役割は友人と言ってもよいだろう。

ところで、バットマンが犯そうとした過ちのうち一度目はあくまで自己の利害であり、二回目はキャットウーマン(という他人)を思いやる心から来たものだ。ブルース・ウェインにとって彼女は日常の監視活動に引っかかった不審者だった。次に協力者になり、「ファルコーネと関係なんかない」と言い張る彼女に対する興味へと変わる。リドラーにより父が犯した悪(アルフレッドは過ちと呼ぶが)を突き付けられたバットマンと、父親が悪であるキャットウーマン――その近しさが親愛の情へと変わる際に一つの出来事がある。

長年自身に仕えてきたアルフレッドへの無関心、あるいは無理解を突き付けられたことである。復讐者としての己を優先したため(携帯電話を切っていたと思われる)アルフレッドがプラスチック爆弾により命を落としかけたことを事件が発生した1時間後に知るのである。ブルース・ウェインに必要なものは父親であると知りながら復讐の手助けをすることしか出来なかったと語るアルフレッド。そのアルフレッドが父親から渡された家族の証であるボタンを渡されたときに「どうして家族でもないお前が持っているんだ」となじったブルース・ウェインは、一番近い他人を見ていなかったことを知るのである。 思えば冒頭、ゴロツキに襲われる東洋人にバットマンは声をかけようともしなかった。悪に対する復讐者である彼には、悪に虐げられる人間は見えていなかったのだ。ラスト近く、津波に襲われた被害者に手を差し伸べた彼は、ようやく復讐者を脱して正義のヒーローになったのだ。

それでも一般市民にとってのバットマンはまだ(変な)「仮面をかぶった男」である。彼には協力者が必要だ。キャットウーマンゴッサムシティを去った。だが、この町にはゴードン警部がいる。そして彼が助けた、汚職にまみれた市政を一新することを期待された新市長もいる。 そう、ゴッサム・シティの未来には汚職とは縁がない真っ当な政府が必要だ。十余年前にJOKERに踊らされたゴッサムシティの市民は辛うじて新市長を選んだ。DARK KNIGHTのように誇るべき市民の姿はカメラには映らないが、そこにいるのだ。いなければならないのだ。

本多平直衆院議員の発言まとめ

時系列

5/10 性犯罪刑法改正ワーキングチームの会合にて本多平直衆院議員が「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言*1

5/11 島岡まな教授はWTの座長である寺田学衆院議員から謝罪のメールを受け取った *2

5/13 本多氏と寺田座長が個別に面談。今後のWTの運営について話したなかで5/10の発言の意図も説明があった。*3*4

??/?? 島岡まな氏がWTの座長に働きかけ、隠蔽を阻止した。*5

6/3 朝にWT中間報告案が立憲民主党所属の国会議員にメール送付される。11時からのWTのなかで本多氏は修正を求めたが寺田座長に拒否される。*6同WGは性交同意年齢の16歳への引き上げ案に賛否両論が出たため、WTでの取りまとめを断念。*7

6/4 出席議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などと発言したことが報じられる。*8この時点では発言者は不明。

6/7 発言者が本多議員であると特定される。本多議員は「今回、党内での会議の一部の発言が報道されるに至りましたが、趣旨において私の理解が足りていない、また報道によって傷つく方がいるとのご批判は当然と考えます。真摯(しんし)に反省をし、認識を深めていきます。性犯罪に関する刑法改正に関して、私は、一方当事者が少なくとも中学生までの低年齢で、他方当事者が成人である場合、両者の間に対等性はなく性搾取となっている実態を踏まえ、低年齢当事者を保護するために成人を処罰対象とすることの必要性を認識しています。刑事処罰の議論では、限界事例についての検討や、特異な例外事例の存在など緻密(ちみつ)な検討が必要だと考えました。しかしながら、私の発言は、例外事例としても不適切であり、お詫(わ)びして撤回いたします」とのコメントを公表した。福山哲郎幹事長は記者団の取材に「本人が『撤回』と言っているので、それでいいのではないか」と述べ、発言者を公表しなかった。その後、夜になって「(本多氏を)厳重に口頭注意した」とのコメントを出した。 *9

6/9 枝野幸男代表は外部有識者でつくるハラスメント防止対策委員会で調査することを明らかにした。*10

6/10 立憲民主党の政調審議会で「性交同意年齢」を現行の13歳から16歳に引き上げることを盛り込んだ党の見解をまとめた。*11ジェンダー平等推進本部は性犯罪刑法改正についてのコメントのなかで「発言の背後にある、ジェンダー不平等、女性や子どもの尊厳を軽視する態度は断じて許されるものではありません」と語った。*12

6/18 ハラスメント防止対策委員会の金子雅臣委員長、本多氏からヒアリングを行う。*13ヒアリングは別日にも行われている。

6/22 フラワーデモ呼びかけ人の北原みのり氏らが再発防止の勉強会や被害者の声を聞く機会を持つことなどを要望した。 *14*15

7/13 立憲民主党は党の第三者機関「ハラスメント防止対策委員会」がまとめた調査報告書を公表。*16*17立憲民主党の役員会は本多議員を1年間の党員資格停止の処分にすることを党の倫理委員会に諮る方針を確認した。*18西村智奈美議員は(1)既に執行部が処分済みの事案であること(2)党内からの情報漏洩(ろうえい)経緯が不透明であること(3)事態の沈静化に逆行すること-を理由に挙げて不当処分と訴え、常任幹事会での熟議と再考を求めた。*19本多議員は「本日、私について倫理委員会に諮問されることが決定しました。倫理委員会で私に説明の機会をいただけることを期待しています。党内議論の決定を待って、皆さんには一日も早くご説明の場を設けたいと思っています」とのコメントを発表した。*20

7/21 党倫理委員会で本多氏が意見を述べる。*21

7/23 本多氏が意見書を発表する。*22※リンク先pdf注意

7/26 WT座長寺田氏の意見書の内容が報道される。*23

7/27 前日の報道には含まれない寺田氏の意見書の一部分が公開される。*24本多氏、離党および議員辞職を表明。*25

*1:https://digital.asahi.com/articles/ASP696QV6P69UTFK023.html https://mainichi.jp/articles/20210607/k00/00m/010/280000c など

*2:https://news.yahoo.co.jp/articles/baa785d724625e7989a8a4c7a79e5a982ac9b05b?page=2

*3:https://www.sankei.com/article/20210726-4Y7OO6URJVOPFDAVVL42XNE73I/

*4:https://drive.google.com/file/d/1eBhuH3r9eVchlt3yr69mOYGqd_Oa_lk1/view

*5:https://twitter.com/manna2010able/status/1402250725661450242

*6:https://www.hiranao.com/sns20210723.pdf

*7:https://mainichi.jp/articles/20210607/k00/00m/010/179000c

*8:https://www.sankei.com/article/20210604-HMZXUI2DKBKBTGH5WQJW6RVTJU/

*9:https://www.asahi.com/articles/ASP676TZPP67UTFK010.html

*10:https://digital.asahi.com/articles/ASP696QV6P69UTFK023.html

*11:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061001223&g=pol

*12:https://okuno-mika.com/news/%E6%80%A7%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%88%91%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%89%EF%BC%882021%E5%B9%B46%E6%9C%8810%E6%97%A5/

*13:http://hiranao.com/ikensho20210721.pdf

*14:https://www.tokyo-np.co.jp/article/112145

*15:性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」や一部支援団体の声に押された処分決定との見方がある、との主張があるため記載

*16:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210713/mca2107131958010-n1.htm

*17:https://t.co/LoAgQthAbU]

*18:https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210713/7000036492.html

*19:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210713/mca2107131934009-n1.htm

*20:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210713/mca2107131958010-n1.htm

*21:https://twitter.com/pontapiranao/status/1418485233796608005

*22:https://www.hiranao.com/ikensho20210721.pdf

*23:https://www.sankei.com/article/20210726-4Y7OO6URJVOPFDAVVL42XNE73I/

*24:https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20210727-00250081

*25:https://www.youtube.com/watch?v=JVc2Fi6HCUo

SSD換装

PX-512M8PeGからSamsung 980 PROに換装。 導入直後に比べると だいぶPX-512M8PeGもへたれてますなー。

PX-512M8PeG

CrystalDiskMark 8.0.1 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2021 hiyohiyo

                              Crystal Dew World: https://crystalmark.info/

  • MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
  • KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read] SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 1534.556 MB/s [ 1463.5 IOPS] < 5461.24 us> SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 715.570 MB/s [ 682.4 IOPS] < 1464.86 us> RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 452.451 MB/s [ 110461.7 IOPS] < 280.47 us> RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 42.183 MB/s [ 10298.6 IOPS] < 96.93 us>

[Write] SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 451.133 MB/s [ 430.2 IOPS] < 18439.92 us> SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 144.901 MB/s [ 138.2 IOPS] < 6266.08 us> RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 380.257 MB/s [ 92836.2 IOPS] < 343.80 us> RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 110.255 MB/s [ 26917.7 IOPS] < 37.02 us>

Profile: Default Test: 1 GiB (x5) [F: 82% (390/475GiB)] Mode: [Admin] Time: Measure 5 sec / Interval 5 sec Date: 2021/04/22 12:43:09 OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 19042] (x64)

Samsung 980 PRO

CrystalDiskMark 8.0.1 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2021 hiyohiyo

                              Crystal Dew World: https://crystalmark.info/

  • MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
  • KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read] SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 3521.328 MB/s [ 3358.2 IOPS] < 2380.60 us> SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 2835.543 MB/s [ 2704.2 IOPS] < 369.63 us> RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 433.197 MB/s [ 105761.0 IOPS] < 292.94 us> RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 79.508 MB/s [ 19411.1 IOPS] < 51.39 us>

[Write] SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 3510.121 MB/s [ 3347.5 IOPS] < 2385.01 us> SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 3115.063 MB/s [ 2970.8 IOPS] < 336.38 us> RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 349.272 MB/s [ 85271.5 IOPS] < 363.37 us> RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 179.025 MB/s [ 43707.3 IOPS] < 22.77 us>

Profile: Default Test: 1 GiB (x5) [C: 20% (380/1862GiB)] Mode: [Admin] Time: Measure 5 sec / Interval 5 sec Date: 2021/04/22 12:36:30 OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 19042] (x64)

シン・エヴァンゲリオン感想

砂浜に横たわる二つの体。決して触れ合わない二つの手。  
「――気持ち悪い」  
劇終

当時高校生だった私は友人に紹介されたエヴァTV版に魅了され、深夜放送を録画したビデオテープを繰り返し鑑賞していた。あろうことか第四話でロボットに乗ることから逃げ出すパイロット事主人公碇シンジ。友情で乗り越えたと思いきや、彼には電車内で繰り広げられる自傷的な精神世界、友人となったパイロット達との離別が待っていた。最後の心のよりどころになった渚カヲルさえ自ら殺した彼の運命は――だが、製作スケジュール都合で曖昧なエンディングを迎えた。

そんなエヴァが劇場に帰ってきた。シト新生 - Death and Rebirth -。TV版を再編集した映像はアスカの加持さんへの思慕を語るシーンが追加され、零号機の自爆シーンは全く新しく書き換えられた。そして後半。「死は、君たちに与えよう」ネルフ本部を急襲する戦略自衛隊。復活するアスカを倒すべく投入された量産型エヴァが上空を舞う。画面暗転。主題歌『魂のルフラン』が流れ始める。え、終わり? 聞いてねええええええ!(当時SNSはなかったし、インターネットは固定課金になる23時以降にやるものだったのです)

その半年後。高校三年生といえば受験シーズン真っ盛り。そんなことは知ったことではなく初日(だったと思う)に劇場に足を運んだ私を待っていたのが、冒頭の三行である。愕然とした。ミサトさんは「大人のキスよ。帰ってきたら続きをしましょう」と訳の分からないことを言って死に、綾波レイは巨大化して最後には顔が割れて一瞬制服姿が見えたようにも見えたが訳が分からないし、一人で取り残されたシンジくん幼児バージョンが踏み潰した砂山はジオフロントだし、一度融合した人類は地上に戻ってきたはずなのにそのようには見えないし、最後の人類(?)たるシンジとアスカの関係は壊れてしまっている。何だこれは。「おめでとう」「おめでとう」「すべての人類に、ありがとう」はどこに行ったんだ? 夢も希望もないではないか。

庵野秀明監督は何がしたかったんだ。後になってアニメなんて見るの辞めちまえという意味だという説を聞いたが、少なくとも私には効果がなかった。現実に絶望したときはKom,su:sser Tod-甘き死よ、来たれ-を口ずさむ人間になった。I know, I've let you down。劇場版はこの重さがいいよね!と思っていた。

それから10年。なんとなくアニメを見続けていた私にエヴァが再始動するというニュースが届いた。新劇場版:序。まるで旧劇場版の紅い海から繋がったかのような世界。リデザインされたサキエルシャムシエルラミエルを相手とする活劇に心躍った。新劇場版:破。ほぼ旧作そのままの流れだった序と異なり、見たことのない使徒、見たことのないキャラクター、トウジの代わりに三号機に乗り前倒しで精神汚染を受けるアスカ、まさかレイを捕食するゼルエル、はやくもサードインパクトを起こすシンジ。まさしくタイトル通りの掟破りの作品だった。

カヲル君にサードインパクトを強制停止させられたシンジとレイの運命は如何に――そう皆が期待していたであろうQには困惑させられた人も多いだろう。前作から14年後の世界。 ヴィレという組織を作りネルフに対抗しているミサトは、かつて「行きなさいシンジ君」と背中を押したにもかかわらずシンジに冷たい。救ったはずのレイはどこにもいない。アスカには殴られる(これは順当)。仲良くなったとカヲル君は槍が違うと言い出して破裂してフォースインパクトが起こってアスカに引きずられて終わる。訳が分からない。破の次回予告はどこへ?

正直なところ、シン・エヴァンゲリオンにはそれほど期待していなかった。ネタバレ怖いから初日に見ておこう、くらいのつもりでいた。ところが、である。シン・エヴァンゲリオンを見た私は救われたと感じた。「よい――これでよいのだ――」とキール議長ばりにバチャン(LCL化)しそうになった。何故か。冒頭の三行の舞台となった赤い海と白い砂浜を背景にシンジとアスカが手をつないで和解したからだ。絶望の旧劇場版――そう、いま私は虚勢を張ることなく、24年前の私は傷ついていたのだと述懐できるようになれたのだ。

他にも旧劇場版を想起させるシーンは多い。ゲベートに侵入されるヴンダーは戦自に攻められるネルフ本部を連想させる。二号機は酷い目にあって頭部が捨てられる運命にある(これが愛?)。エヴァンゲリオンイマジナリーと呼称されるどう見ても旧劇場版リリス(と綾波)による補完は旧劇場版そのままだ。綾波の顔がリアルになっているのはアニメ調だとPTSDを発症する中年組への労りだろう。

Qで冷たかったミサトたち旧ネルフクルーの心情――シンジが二アサードを引き起こさなければリリス接触した使徒に人類は滅ぼされていた。シンジの背中を押したことは自身の罪として背負ってゆく――も明かされ、Qに感じていた不満が解消されたこともよかった。

ところどころで笑いどころが配置されてもいた。巨大綾波が出現するシーンでは「ありえないでしょ」とツッコミが入り(旧劇場版ではマヤが悲鳴を上げて緊張感を煽っていた場面だ)、13号機と同一化したゲンドウはビルに片膝を乗せてイキっている。ビルが横滑りし、ミサトの部屋や教室で戦う特撮シーンはシンジVSゲンドウという緊迫感漂うはずのシーンを良い意味で弛緩させている。圧で言えば旧劇場版が圧倒的に上で映画としては優れていると思うが、圧が高すぎて疲れるし辛いのである。エンターテイメントはこれでいいのだ。

まあ、最後のシンジさんは格好良すぎて俺のシンジ君はどこに行ったんだと思います。(苦笑)その前のアスカが怒っていた理由を「アスカを救いも、殺しもしなかったからだ」と回答するシンジも大概怖いですね。前者は分かります。後者はどういうことですか。愛するアスカが苦しむくらいならいっそトドメを刺してやろうということですか。「アンタが全部私のものにならないなら、アンタなんていらない」とのたまうアスカ(それは惣流の方だ)ばりに突き抜けてます。

アスカと言えば、着ぐるみケンスケが出て来たときに、無造作に裸のアスカにタオルをかけるケンスケ、ケンスケ宅でひたすらゲームをやるアスカが脳裏に浮かんで(アスカは気に入った人の家に上がり込んでゲームをする女である)ようやく二人の関係を了解したのでした。なので私はシンジより人の機微に疎いし、膝抱えて傷ついてますムーブしているんじゃないぞというアスカの箴言に傷つくのであります。やめてゲンドウくんを補完しないで!いろいろと身につまされる!

そして最後にすべてをかっさらったマリ。8+9+10+11+12号機でマイナス宇宙に行ける理由や、冬月教室の記憶を持っていると思われる点、若返っている点(波シリーズはクローンなので巻波もとい真希波もそうなのだろう)は劇中で説明されませんでした。「彼女とは、遙か彼方の女と書く。女性は向こう岸の存在だよ、我々にとってはね」ということですね。

後半のシンジくん精神的にタフすぎ、雑魚敵シューティングゲーム楽しくないし画面見づらいし(Blu-rayで潰れたりしませんか?)最終的にエッフェル塔やATフィールドでぶっ飛ばすなら長距離攻撃不要では??などの不満点がないわけではありませんが、旧劇場版に囚われていた人間を救ってくれたシン・エヴァンゲリオンには感謝しています。庵野監督、ありがとうございました。

安倍総理大臣記者会見(予想)

国民の皆様。総理大臣の安倍晋三です。本日はですね、新型コロナウィルスに関して国民の皆様に伝えるべく記者会見をひらかせて頂きました。新型コロナウィルスは、まさに、まさに、見えない敵との戦いです。思い起こせば9年前、東日本大震災を原因とする福島第一原発の臨界事故に対して、当時の民主党政権放射能という見えない敵の対処を誤りました。しかし、私たちは悪夢の民主党政治とは違います。先手、先手の対処を講じております。まず、市中のマスク不足に対してです。大手ネットオークション数社に対し、マスク出品を3月14日以降は自粛するよう要請しました。

www.jiji.com

また、企業の余剰施設を活用したマスク生産を要請しています。

www3.nhk.or.jp

最初に応じて頂いたシャープには感謝しています。シャープ以外にも複数の企業から声かけを頂いております。これらの施策により、来週末には皆様の元にマスクが届けられることをお約束致します。

森羅万象を統括する私の元には毎日、いくつものニュースが舞い込んできす。皆様の元にも、真偽が定かではないニュースが届くでしょう。たとえば昨日、トイレットペーパーが市内から消えました。トイレットペーパーは国産であり、国内製紙業界からも在庫には余裕があると報告を受けています。国民の皆様におきましては、どうか、それらの、いわばフェイクニュースに踊らされないようお願い致します。

また、これまで感染者の報告がなかった地域におきましても感染者の報告が相次いでおります。まさに、令和はじまって以来の国難といえるこの事態に対して、政府は、国民の皆様といわばONE TEAMとなり、一丸となって新型コロナウィルスに立ち向かい、よって、来たるべき東京オリンピックを無事成功させようではありませんか。

OPSC Draft Guidelinesに対する各国コメント

オーストリア

草稿 para.53

委員会はOSPC第二条(b)の「性的行為」という用語には「子どもの陰部(gentials)や恥部(public area)の扇情的な(lascivious)展示」を含めるべきとの見解です。これに関連して我々は、第二条(b)によると児童買春は「報酬その他の対償のために、児童を性的行為に使用すること」を意味することを指摘したい。「性的行為」という用語は、児童ポルノの定義でも使用されています。「性的行為」という用語は、児童ポルノの定義でも使用されています。OSPCの第二条(c)は、児童ポルノを次のように定義しています。 1.性的行為に従事している子どもの表現 2.主に性的目的のための子供の性的部分の表現 性的行為の定義が性器の展示や子供の陰部を含んでいたとしても、第二条(c)に子供の性的部分の表現を明示的に言及することは意味がありません。同様に、第二条(b)と第二条(c)の性的行為の定義が異なるべきであろうという明白な理由はありません。 地域レベルでは、性器や子供の陰部のライブ展示会はポルノパフォーマンスに関する規定でカバーされています。(2011/93/EU、2004/68/JHA、CETS No.201)2011/93/EUは、ライブ展示会には情報通信技術の手段も含まれることを明確にしています。

草稿para.53 脚注21

脚注21で委員会はランサローテ条約とその説明報告書が「性的行為」のいくつかの法的定義の1つを提供することを指摘しています。しかし、ランサローテ条約には性的行為の法的定義はありません。したがって、説明報告書127項は「性的行為」という用語は条約では定義されていないと述べています。交渉担当者は、この用語の意味と範囲の定義を締約国に任せることを望みました。

草稿para.61

1.委員会の提案によれば、OPSC第二条(c)の意味で、図画と漫画は児童ポルノとみなすことができます。 これに関連して、最近のEU指令2011/93/EUにおける児童ポルノの定義を指摘したいと思います。 1.実在する子どもの描写(第二条c(i)(ii)) 1.子どものように見える人物の描写(第二条c(iii)) 1.子どもの写実的な画像(第二条c(iv))

図画や漫画に写実的な画像が含まれていない限り、児童ポルノとして扱う必要性はありません。委員会によると、「ライブパフォーマンス」も児童ポルノとみなされるべきです。オーストリアは、これはOPSC第二条(c)の本文を超えていると考えます。ライブパフォーマンスは表現とみなすことはできないからです。したがって、最近の地域の法的文書では、ライブパフォーマンスは別の条項でカバーされています。(EU指定2011/93/EU 二条eおよび第四条、CETS No.201 21条)

草稿para.92

委員会は、締約国に対し、OPSCの対象となるすべての犯罪について、犯罪および被害者の国籍や居住地にかかわらず調査と起訴を可能にするための普遍的管轄権を確立するよう奨励しています。 オーストリアは、普遍的管轄権の概念は他国の主権を妨げる問題のあるものであり、ICTを通じた犯罪の委任に関連する実際的な問題を解決しないと考えます。(例えば、どのように証拠を得て加害者を追跡するか)したがって、既に存在する管轄の原則を利用することが重要です。この場合、普遍的管轄権の必要はないはずです。

草稿para.98

草案には次のようにかかれています。「刑事訴追を開始する前に、まず被害者に必要な支援を受けるための期間を提供する必要があるかもしれない」 これは被害者の利敵にとって有害かもしれません。 一般的に、起訴は遅滞なく実施されるべきです。申し立てられた犯罪者の迅速かつ効率的な基礎は確かに被害者の最大の利益になります。これはOPSC第八条1(g)および第八条3脚注に一致するだけではなく、だれもが合理的な期間内にとりわけ公正な公聴会を開く権利を持つとする第六条になによりもまず一致します。 オーストリアでは、CCP9条が刑事訴訟の必要な早期化を保証してます。(特に拘留の問題において)一定期間、訴追を一時的に停止することはこの原則を妨げる可能性があります。これに関連して、承認の審問のための組織的な取り決めはとにかく一定の時間がかかるため、必要な支援的措置を講じることを可能にすることに留意されたい。

草稿para.102b

そのようなワンストップショップの設立は多数の異なる関係者の関与を必要とするかもしれず、したがってこの勧告の実施はおそらく加盟国の大多数において深刻な困難につながる可能性があることを指摘すべきです。

ベラルーシ

ベラルーシは、ガイドラインCRCによる準備の考え、特に草案の以下の点を支持します。 世界の蹴る情報通信技術の普及に関連した、性的暴力および子どもの搾取の分野における新たな課題及び脅威に焦点を当てる。;あらゆる形態の子どもの搾取を搾取とみなすこと。情報通信技術を通じた性的虐待および児童の搾取の新たな局所的形態としてのsexting,grooming,性的強要の概念についての考察。

同時に、ベラルーシは次の議題を徹底的に研究するようにCRCに勧めます。 ガイドライン草案は、子どものあらゆる形態の人身売買、子どもの性的搾取または性的虐待において、18歳に達していなければ同意を考慮にいれることができないと規定しています。(段落77) ベラルーシおよび他の多くの国の法律は、16歳に達した未成年者が、より高齢のパートナーとの間で合意的な性的関係を結ぶことを許可しています。(さらに、特定の条件下では労働関係および結婚も)したがって、自身の性的行動を独自に決定する権利を持つ16歳に達した未成年が(一方で)これに関連した特定のパートナーの行動に対する同意を考慮に入れることに失敗するという法的および論理的矛盾にあります。

チェコ共和国

パラグラフ49 子どもの売買と人身売買は重複可能性がありますが、国際的な法的定義は異なります。委員会は、OPSCに従い締約国は明示的に上記の目的のために子どもの売買を刑事訴訟とする義務を負うことを強調しています。OPSCによれば、子どもたちの売買を単語ごとに個別の犯罪行為として明示的に犯罪化する必要はないと考えています。我々は、より広い刑事犯罪の下でOPSCによって定められたすべての目的のために子どもの売買行為を犯罪することは十分であり、議定書に準拠していると確信しています。

パラグラフ87 域外管轄権に関する法律に関して、委員会は締約国に対し、子どもの被害者が国籍を持たないがその国の領土に常居所がある場合を含めることを奨励しています。 このような方法で域外管轄権を指定するのは広すぎると考えます。議定書自体は管轄権のそのような根拠を定めておらず(議定書第4条2(b)を参照)、したがってそのような義務は議定書の広汎な解釈を示すであろうから、締約国は議定書の解釈としてそのような管轄権を確立する義務を負うべきではありません。

パラグラフ88 さらに、締約国は、関連する犯罪がその国で犯罪化されていない場合でも、OPSCの対象となる犯罪に対して域外管轄権を行使できるようにするため、二重犯罪の要件を廃止すべきであるとさrています。二重刑事訴訟の原則は、免責を可能にする法律にギャップを生じさせるため、適用されるべきではありません。 場合によっては、二重刑事訴訟の要件の削除は不適切と見なされます。特に、受動的人格の原則は、一般に、侵された地域では罰せられない行為に対して人を罰することは過度に思え、犯罪者が被害者の国ではそのような行為が犯罪であると知識を持っていない可能性があります。

ドイツ

ドイツはガイドライン草案のいくつかの要素に関していくつか懸念を抱いています。

21cに関して、ドイツはこのような詳細レベルのデータ収集が望ましいとはいえ、締約国が実際に実行可能かどうかについて疑問を抱いています。「同様に」を「含むことが好ましい」に置き換えるのが賢明かもしれません。

66に関して、「児童ポルノ」という用語を完全に回避するための勧告はいきすぎているように思われます。65で言及された議論を認めながら、ドイツは立法と政策を策定する際に前の段落で言及された進行中の議論を念頭に置くための勧告を好むでしょう。

98では、ガイドラインは加盟国に対し、子どもの最善の利益を特定するための正式な決定プロセスの実施を要請しています。そのプロセスは、刑事訴追が開始される前に被害者に最初に必要な支援を受けるための一定期間を与えることによって刑事捜査手続きの導入に影響を与えることです。ドイツ連邦政府の見解では、被害者がすでに支援を受けているかどうかに基づいて調査措置を開始することはできません。証拠の確保が刑事訴追において特に重要な役割を果たすことを考慮に入れなければなりません。刑事訴追が開始される前に被害者が回復のための一定の時間を与えなければならない場合、これは刑事訴追をより困難にし、あるいは完全に妨げることさえあり得、被害者の利益または社会全体の利益と一致しません。回復と幸福に対する子どもたちの正当な利益を正当化する他の方法があります。この一例は、ドイツ法の規則(刑法48(3))であり、これは、証人もまた危害を加えられた人物である場合には、審問、審理、および他の調査措置は、証人の保護のための特別な必要性を考慮に入れた方法で常に行われるべきです。また、多くの法的命令には被害者を保護するための多数の規定があります。そして、此を越える正式な「決定手続き」の要求は役に立ちません。

連邦政府の見解では、決定的なことは、そのような状況で子どもたちに利用可能な十分な支援サービスがあること、そして子どもたちはそれらのサービスが存在することを知っているということです。ドイツでは、連邦および地域レベルでの多面的な支援および支援サービスの基盤によって保証されています。また、刑事訴追当局は、刑事訴訟手続きの際に侵害された人々に情報を提供するよう求められます。

また、連邦政府は、被害を受けた子どもの証人が証言するのを防ぐために、伝聞の証拠を許可する99に記載されている勧告に懐疑的です。直接証拠は常に間接証拠よりも優先されるべきであるため、これは刑事訴訟における真実の追究をより困難にするでしょう。被害者証人である子どものための他の保護措置、例えば司法試験のビデオ録画と裁判でのその録画の使用の可能性は、真実を確かめることと、公正な裁判に対する被告人の権利、もう一方では新たなトラウマに対する保護に対する子どもの犠牲者の正当な利益というミッションの間の緊張の分野で適切なバランスを作り出すことに適しているようです。

バチカン

バチカンは子どもの売買、子どもの買春および児童ポルノに関する子どもの権利条約の選択議定書の実施に関するガイドラインの草案についてコメントする機会を歓迎します。バチカンは草稿が刑事化の実際的な実施およびOPSCの相互法的支援規定に関するいくつかの有効な勧告を含んでいることを高く評価します。それは子どもの保護と同様に未成年者に対する犯罪行為の予防と対比(?)を促進するかもしれません。にもかかわらず、草案にはバチカンにとって懸念を提起する多くの分野が含まれています。

OPSCは締約国が自発的に引き受けた義務を慎重に交渉された言葉で述べた法的拘束力のある文書です。条約であり、確定訳国の義務は各締約国の留保により変更された本文に記載されたもののみですい。そのように明確な法的原則にもかかわらず、ガイドライン草案はOPSC条約の動的な解釈を提供することを目的としており、それらの効果的な実施を可能にし、ICTによって促進されるかどうかに関わらず(para.13 強調を追加)子どもの売買および性的搾取からの保護を強化する手段であり続けることを目的としています。そのような意図は、OPSCの新しい解釈を提供することが委員会の義務の範囲内でない限り懸念を引き起こします。法的な観点から、ICTの発展などの新しい状況に照らしてOPSCの規定を適用する際には合理的な範囲内である程度の判断の余地があるかもしれませんが、締約国会議のみが議定書の条項を修正することができ、それらの修正は明示的に承認した締約国に対してのみ拘束力があります。(OPSC16条)したがって、同意なしに締約国の義務の範囲または内容を変更しようとすると、批准の価値が否定され、それによって締約国は条約から撤退することができます。(VCLT61.1)そのような結果は避けるべきです。

変化する世界の状況におけるOPSCの効果的な実施は、委員会が各国がこれらの犯罪と戦うよう奨励する視点でから、すでにOPSCの範囲内にあるものと同様に子どもに対する新たな形態の虐待についての最新かつ正確な情報を収集するのであればより役立つでしょう。そのような努力は議定書の規定の新しい解釈を必要としないでしょう。未成年への脅威の進化をよりよく理解することは、現在の状況に照らしてOPSCに準拠するために講じることが出来る新しい実用的歩みを示唆するかもしれません。したがって、バチカンは草案のpara13の削除およびpara11の言い換えを次のように提案します。

これらのガイドラインの主な目的は、締約国による規定の効果的な実施を可能にするためのOPSCの採用以来、デジタル環境の発展ならびに売買および性的搾取に関して開発された知識と経験の向上に照らして、現代の子どもの搾取及び虐待のさまざまな形態についてのより深い理解を促進することです。

現在の草案では、委員会はOPSCにはない概念を紹介するために非国家の「利害関係者」の勧告から引用しているようです。例として、男性と女性以外の性的同一性の可能性を認識しながら「性別の観点」を採用する要求、「他の性別/性同一性の子ども」への言及(para.15)、および「LGBTIの子ども」についての言及(para.34)を挙げます。CRCもOPSCも、締約国に対し「ジェンダーの観点」を採用することも主観的なライフスタイルの選択や魅力に基づく概念の導入を許可することも要求していません。さらに、「児童ポルノ」という用語(para.15)のようにOPSCで使用され確かに定義されている用語から逸脱するという提案は賢明ではないように思われるでしょう。

ガイドライン草案によれば、締約国は「特に男らしさと性別に関連する複雑な概念い関して、有害な社会規範などこれらの問題の根底にある根本的な原因に注意を払う」ことが求められます。(para.33強調して追加)しかし、「有害な社会規範」も「男らしさと性別に関連する複雑な概念」も、本文中では正しく定義されていません。このような正確さの欠如は、OPSCが基づいている共通の理解を損なう可能性があります。この文脈において、OPSCが「根本的原因」に言及するとき、それは主に「児童の売買、児童買春、児童ポルノ及び児童買春旅行により被害を受ける一因となっている貧困、不十分な開発」に言及していることを思い出す価値があります。(第10条3項)

代理については(para.52)、バチカンはそのような勧告が子どもの売買への扉を開くだけでなく、女性の搾取にも扉を開くことを思い出したいと思います。それは子どもの身分と関係のために重大な道徳的および法的問題ならびに重大な結果を引き起こします。実のところ、代理が女性と子どもの両方の人間の尊厳を害します。

ガイドライン草案の本体(第五章から第十章)には実際にOPSCの犯罪化と相互法的支援の規定をどのように実施するかについての有効な提案が含まれています。これらの提案は、統計当事者が自主的に検討し、彼の特定の状況、ニーズおよび法的秩序に照らして適所に置くことができるという拘束力のないベストプラクティスとして有用です。しかし、実際には法的公職力を所有しない人物に帰属するそのようなベストプラクティスはあたかもそれらが条約の規定の権威ある解釈であるかのように提示されるべきではありません。(para.12参照)

ホンジュラス

人権高等弁務官の要請に応じて、ホンジュラスは前述の選択議定書についての所見と勧告を提示します。

para.29 子どもが犯罪者の影響を受けているかどうかを知るのに役立つ振る舞いとして、(c)以下を追加することを推奨します。

骨折または内部損傷。やけど。絶え間ない飢えや渇き。周囲への関心の欠如。汚れた髪の毛、皮膚、頻繁なおむつかぶれ。監督の欠如。生殖器の痛み、打撲、出血。子どもの年齢にとって正常なものよりも多い性に関しての知識。どのように事故が発生したかについての信じがたい話。切り傷と打撲。

para.34 サブセクション(b)に以下を追加することを推奨します。社会的保護に関連して、我々は、締約国がこの潜在的な犠牲者に社会的保護を与える種類を追加することを進めます。財政的支援に関連し、潜在的な犠牲者に締約国が与える財政的支援の種類を追加することも推奨します。サブセクション(d)を追加することを推奨します。 d)OPSCの対象となるすべての犯罪の予防策および有害な影響に関する長期的な教育および啓発プログラムおよびキャンペーンを開発および実施するメカニズムを作成する。(犯罪者が彼らに影響を与える前に、彼らがこのような状況でどのように行動できるか、そしてどのようにこの種の行動を検知できるかを彼らに示すことによって)

para.35 この段落1に次の要件を追加することを推奨します。子どもの権利を危険にさらす精神病やその他の問題を探すことによってこの行動を回避することを目的として子どもと直接接触して作業しようとしている人に心理テストを適用すること

para.102 次の新しいサブセクションを追加することを推奨します。f)彼らのアプローチできるようにこれらのメカニズムが存在することを人々に知らせる意図で、あらゆる公共の場に置いてカウンセリング、勧告、および苦情処理の仕組みを広めたり推進したりする。 サブセクションb)に次を追加することを推奨します。国、地域、地方レベルで被害者に証人にこのサービスを提供すること。

アイルランド

ガイドラインの採択は、議定書の実施を導く可能性を考慮して歓迎します。詳細については、選択議定書の実施を確実にするためのガイドラインに従うことが子どもの権利の実施のための特定の計画またはより広範な国家行動計画(NPA)を通じて行うことができることに肯定的です。同様に、選択議定書を発効させるための調整措置は、(子どもの性的搾取専門の特定の機構の代替として)子どもの権利を実施するための組織または省の任務の一部を形成できることを認識しています。政府内機構もまたこの目的を効果的に果たすことができるかもしれないと付け加えることができます。さらに、この文書で参照されているような調整メカニズムはOPSCの具体的な実施に限定される必要はなく、議定書に関するものを含めて活動を統合する権能を持つべきです。

同様に、上記の点についても、啓発プログラムやキャンペーン、議定書に含まれる犯罪に関する情報を広めることの重要性を認識する必要があります。このような意識啓発や広報は、性的健康、犯罪防止、オンラインでの安全性と子どもの保護に関するより広範な構想の文脈で行われた場合、より効果的でなくても同様かもしれない。

データ収集の必要性は間違いなく存在します。明らかに、締約国は情報の共有とデータの相互参照を確実にするために(安全策を考慮して)適切かつ健全なデータ共有技術を開発する必要があります。ガイドラインは社会サービスの役割について簡単に触れるのみです。社会福祉は、子どもの保護や福祉への懸念を防止し検出する重大な役割、子どもを支援する重要な役割を持っています。社会福祉は共同体組織と密接に協力します。共同体組織はしばしば重要な役割を担います。なぜなら、教育などの普遍的サービスとは別に、子どもの犠牲者と直接接触しているからです。したがってこのガイドラインは、社会サービスの役割および警察サービスおよびコミュニティ組織との間のパートナーシップをさらに際立たせます。

児童ポルノから児童性的虐待物への用語の更新は前向きな歩みです。それは、児童ポルノの文脈で起こりえることをより適切に捉えるのに役立ちます。

ガイドラインは子どもによる性的な素材の配布の発生に言及しています。子どもは他の形でも性的に有害な振る舞いを示すかもしれないことを付け加えることができます。おそらくガイドラインはそのような子供達が援助される方法についてさらなる参照を提供するかもしれません。これは複雑な部にゃですが、そういった子供達と一緒に仕事をするための斬新的対応が開発されています。介入を成功させるためには親の関与がしばしば必要であり、それは困難かもしませんが、最終的には有益であることを認識される必要があります。